マザープラス

ママのプロジェクト
マルシェドママン
咲ママStory
募集案内・レポート
プラスワーク
Motherplus Magazine
 

SAKU MAMA

元気に活躍する
輝くママたちに
インタビューします

MAMA INTERVIEW

中原 和子さん
ビューティーサロンemire 代表

> 美容業で働く大変さ
独身時代は、地元大阪から東京に出て、ヘアセット専門店の店長として夕方から夜まで働いていました。着付けを学ぶために銀座に出て、学びながらフリーでも働いていました。働くことが大好きだったので、独身時代は出張で飛び回ることも、早朝や深夜の仕事も苦ではありませんでした。
その後、結婚して出産しましたが、子どもが小さい間は、頻繁に呼び出されたり、感染症などでは何日も休まなければならず、同期の人と技術差が開いていってしまい、フルタイムで働けないので、日々ついていくのでいっぱいっぱいで、悔しい思いをしました。やりたい気持ちと、出来ない現実でとても辛かったです。
> マツエクとの出会い
大阪に戻ってからも、美容業につきたい気持ちは強かったのですが、ヘアセットや着付けの仕事は、朝が早かったり、夜が遅かったりするので、子どもがいる中で働くのは難しく感じました。
美容業はその人にお客様がついてくれるところがあるので、代わりが簡単に見つからず、美容業は続けていきたい気持ちはありましたが、子育てとの両立は難しいと感じていました。
どうしようと思っていた時に、知人からマツエクのお話をいただきました。以前から興味もあり、美容免許が使え、日中に働ける仕事だということで、やってみることにしました。
> 娘の支えが力に
仕事を始めた時は、以前のお店から来てくださっていたお客様からのアドバイスや経験談を聞かせていただいたり、独立している友人の話を聞かせていただけました。
シングルマザーで、親や旦那さんの助けはありませんでしたが、娘がとても協力的で出来ることは手伝ってくれ、それが何よりも私の力になっています。お客様にもご理解ご協力していただいています。
> お客様の言葉に励まされて
独立して、まだ間もないんですが、前のお店からずっと来てくれるお客様には《付いていきます》と言って頂いて、今もずっと通って下さっています◎
なんと言っても、お客様からの《ありがとう》《感動的でした》《こんなお店を探してた》と言われた時はとても嬉しく、子どもがいると気を使ってマツエクに行けないけど《こんなお店を探していました!ありがとう》と言われると、
もの凄くやりがいを感じます。
> とにかくやってみよう精神!
女性は、独身、結婚、出産と状況が変わります。子どもが生まれても美容業を続けていけるお店づくりをし、子どもが生まれても通い続けられ、お客様も働くスタッフもキラキラとやりたい事を出来る、みんなが集まる場所を作って行きたいと思っています。
私自身も、年齢に関係なく、今の自分にあった技術の提供をしていきたいと思います。
シングルマザーで親の助けもありませんが、好きなことを仕事にでき、大好きな娘とよく笑うようになりました。
やってみないとわからない、わからなければやってみようという精神でなんでも挑戦しています。
人生はやり直せる!私も挑戦し続けます◎

中原 和子さんビューティーサロンemire 代表

大阪美容専門学校卒業後、京都や東京の美容院、サロンで働いた後出産。
地元大阪でマツエク業界に。子連れで通えるサロンを目指し、プライベートサロン《emire》をオープン。
ビューティーサロンemire 代表

その他のインタビュー

Copyright c 2008 - 2017 株式会社Motherplus .All Rights Reserved.