SAKU MAMA

元気に活躍する
輝くママたちに
インタビューします

MAMA INTERVIEW

大瀧ともえさん
フローリスト(atelierstagioneflower主宰)

お花を通して人生を豊かに

> 思い立ったが吉日
昔からお花や雑貨などが好きだったのですが、結婚し、一人目を出産した後、ある日急にお花を習ってみようと思い立ちました(笑)。それがきっかけとなってフローリストを目指すようになり、フラワーデザイナーの資格を取得しました。
二人目を出産後、フラワーデザイナーの資格だけでなく、ウェディングプロデュースコースも修得し
より高度な技術を学びました。
そして、枚方で自分のアトリエを開くことができました。
> 自分が変わっていくことを実感
結婚前は好きな仕事ができるなんて思っていなかったので、思い立ったことを行動に移した自分自身にとても驚いています。
それからこのお仕事をさせてもらって、人見知りも少なくなってきました。
小さい頃から人とお話することが上手にできず苦手でしたが、お仕事で出会う方々に「頑張ってるね!」と声をかけてもらえることが、うれしくて自分が変われたのだと思います。
> たくさんの出会いがあります
現在は生花センターで勤務しながら、寝屋川、枚方を中心に手作り市などに出店し、ハーバリウム、リース、アレンジメント等の体験講座をしています。
マルシェドママンにも出店させて頂いていますが、たくさんの作家さんたちと知り合いになり、色々な話を聞くことができ、楽しい時間を共有させてもらっています。

また枚方にあるアトリエは移転を考えていて、2020年には新たにオープンしたいと思っています。
> これからの夢は…
今はまだ子育て中なので、家から近い所で活動していますが少しづつ活動範囲を広げて行きたいと思っています。
そして日々いろんな経験し、いろんなものに触れて、お花の新しいデザインに活かしていきたいです。
私自身、決して若くはないですが年齢にこだわらず、少しずつ前に進んでいけたらと思います。

大瀧ともえさんフローリスト(atelierstagioneflower主宰)

大阪府出身
中学生と小学生の母
【ブログ】   asflower---tomo
【Instagram】  tomo5177

その他のインタビュー